事業承継について

相続について

登記について

一般社団法人相続ワンストップ相談所

株式会社事業承継CHUBU

公益財団法人CIESF シーセフ

事業承継は何をすればいいのか

3つの課題

事業承継対策には、大きく3つの問題を解決しなければなりません。

  • 第一の問題は、人の対策

・・・後継者を誰にするか、どう育成するか

  • 第二の問題は、資本政策

・・・株をどうするか、どう動かせばいいか

  • 第三の問題は、税金対策

・・・いかにしたら、節税できるのか、いかにしたら納税準備金が準備できるのか

事業承継対策は、節税対策ではありません。相続税があまりにも大きな問題であることから『税』のみに目を奪われがちですが、 会社の問題は、何よりも会社法の観点から見ることが大切です。 会社法による対応策により、民法、税法の問題も自然と解消していくことになります。

ページの先頭に戻る

事業承継対策の基本理念

社長様が生きている間に全ての実行を完了させる

事業承継は、経営者の行う最も重要な経営判断です。「私が死んだら」などと考えない。

会社の引継は会社法で考える

相続を念頭においた税法で対策するのではなく、支配権を基本においた会社法で対応する。

支配権すなわち大株主の椅子を譲る

社長の椅子は、今すぐ譲らなくても後で良い。

会社の資本を使って対策を実行する

事業承継は、会社の最重要問題。

当社は会社法・民法・税法・労働法及び金融・証券・不動産・保険に至る専門家のパートナーを配し、資本政策を専門とする事業承継対策のゼネコンとして取り組んでいます。

相続

事業承継

登記

お問い合わせフォームはこちら

ページの先頭に戻る